セール

<エレーナ ジュゼッペ>バローロ コムーネディラモッラ =Ellena Giuseppe= Barolo Comune Di Morra

¥5,225

充実感に秘めた品種個性のしなやかさ。ポストモダンを代表する必飲バローロ!

インの王、王のワインとまで呼ばれるバローロ。数カ村の狭い範囲の中で産まれるものの、その作品の味わいは千差万別。個性的な王が何人も争っているようなイメージです。

バローロがパワフルで、渋みもしっかりしたもの、と思っている方も多いでしょうが、そもそも、品種のネッビオーロは、ピノノワールと姻戚関係と言われるほど、芯はあるけど華やかで透明感のある品種。保守的な産地で新星として一目置かれているジュゼッペエレーナの手にかかると、ジューシーさの中に、華やかさ、品の良さもうまく表現されています。濃縮感主体だった「バローロボーイズ」の頃から考えると、新時代を予感させます。

ありがたい事にバローロ最安値級。今のネッビオーロを語るには外せない、新スタイルの一本です。王というより、王子の世代交代を彷彿させる一本。ブレイクする前に先取りで是非!

 

(Comments©SWLife!+Kira)

 

生産者 エレーナジュゼッペ
生産地 イタリア ピエモンテ
品種 ネッビオーロ

他商品詳細(トリセツ)は下記をご覧下さい。

在庫1個

商品コード: WIR215 カテゴリー: ,

生産者情報

親子孫3代で成し遂げた自家ワイナリーの夢!ポストモダンバローロ注目の新星!!

伝統産地である保守的なバローロ。この地でエレナ家の兄弟が葡萄畑を購入したのが60年代。ただすぐに自社でワインを造る事はなく、周囲の生産者にブドウを売りながら「いつかは自分たちで」と言う夢を抱いていました。その夢を引き継いだ息子ジュゼッペさんと孫マッテオさんは、外での勉強、修行を経て2009年念願の自らのワイナリーを立ち上げ、ワイン造りを始めました。

過度な抽出を避け、酸化防止剤の使用量も減らし、ブドウの収量を抑えるなど地道ながらやれる事は全てやってきました。そして創業から10年を経て国際的な評価を得るようになってきました。新参者が活躍しにくい伝統産地バローロにおいては非常に珍しいことで、快挙ともいえます。

 

バローロボーイズの、濃くインパクトのあるバローロが流行ってから久しく、しなやかで比較的早くから楽しめるポストモダンとも言える今のバローロと、この地の品種の「今」を味わうには絶好の作品たちです。

 

(Comments©SWLife!+Kira)

商品詳細

重さ 1.2 kg
商品タイプ

赤ワイン

ブドウ品種

ネッビオーロ Nebbiolo

容量

750ml

味分類

味わい

じわ旨, 凝縮感, 艶やか

飲用推奨温度

14-16℃

合う食材/料理

ポークソテー(ブラックペッパー), ラザーニャ, ローストビーフ

飲み頃

楽しい変化(開けてから待ちたい)

レビュー

レビューはまだありません。

“<エレーナ ジュゼッペ>バローロ コムーネディラモッラ =Ellena Giuseppe= Barolo Comune Di Morra” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




イチオシ商品

特定の商品カテゴリー