セール

<都農ワイン>牧内 マスカットベーリーAエステート =Tsuno Wine= Makiuchi Muscat Bailey-A Estate

¥1,876

日本古来の品種も独自の切り口で表現。これこそMBAのニュータイプ!

本中あらゆるワイナリーで使われ造られているマスカットベーリーAのワイン。日本固有の品種は土っぽさ、根菜との相性、滋味深い味わいが特徴ですが、時に青臭さ、アクの強さが出ることが欠点とされてきました。この5年ほどリリースされるベーリーAはどれもその欠点を克服し、クリアで飲みやすいものが多いようです。
そんなクリアで飲みやすいベーリーAをかなり早い段階から仕込んでいたのも都農ワインです。明るい色調で、アルコール、密度ともにそれほど強いわけではありませんが、凝縮されたエキス、膨らみのあるぶどうの風味に細やかな酸がうまく調和ています。完成度の高い、またクセの少なく、飲み手を選ばないワイに仕上がっています。
スパイシーさも適度にあり、まとまりがある中にも、単調さ、凡庸さを感じさせない適度なアクセントがあるのは、正しく都農ワインらしいといったところです。照り焼きチキン、肉じゃが、筑前煮などだしや醤油を使った日本の家庭料理とのペアリングがベストと言えそうです。

 

生産者 都農ワイン
生産地 宮崎県都農町
品種 マスカットベーリーA

他商品詳細(トリセツ)は下記をご覧下さい。

在庫7個

商品コード: JUR140 カテゴリー: , , ,

生産者情報

数ある逆境を跳ね除け、日本ワイン屈指の存在に!ピュアな果実味路線に時代が追いついてきた

 

お伝えすべきストーリーが多すぎて、ある意味悩む生産者。世界的に見ても、他に似たところのない独自性を持つそのが都農ワインです。
果実に向かないとされていた土地をたった1人の農家が開墾し始めたところから始まり、ワイナリーができてから20年。世界の常識である「痩せた土地の方がワイン用ブドウに向く」と言う発想を長年のトライアルの末逆手に取り、堆肥施し成功。今でこそ軽くてピュアなワインが流行ですが、日本らしさ、土地の個性を生かすためあえてアルコールの低い可憐な味わいを、特に赤で表現。その他、全てのワインは地元尾鈴山の麓のブドウを使用。素直で細やか、なのにくせになるその味わいは、飲み手の心をつかみ、リピーターが徐々に増えた結果、今では評価、規模、知名度ともに西日本を代表するワイナリーとなりました。
かつては都農さんのような淡いワインは「薄い」と一蹴される風潮が強かったですが、世界は繊細で旨いワインが流行る傾向にあり、時代が追いついてきた格好です。

このワイナリーを支えているのはブラジルで長年ワイン造りに奮闘していた小畑さんと、店長と同い年、偶然も重なり都農ワインに入り、以降人生のほとんどを捧げている赤尾さん。この2人の根気強い試行錯誤なしにはこのワイナリーは成功は語れません。毎年やってくる台風、樹齢の低さ等など、逆境を乗り越え、時にはそれを逆手にとって、ここでしか育てられないブドウ栽培とワイン造りで、世界に通用する品質を追及してきました。

そのワインと言えばフラッグシップは区画ごとに育てられた素晴らしいシャルドネですが、今は他にもソーヴィニヨンブラン、甲州、テンプラニーリョ、ピノノワール、ビジュノワール、トレッビアーノなど、新しい品種にも意欲的に挑み、それこそ宮崎で、日本でそんな品種育てるの?と言う周りの目を逆手に取ったファンの心をくすぐる挑戦が続いています。気が早いですが赤尾さんのキャリアも残り15年。当店は潰れない限り、ずっと赤尾さんの挑戦を追いかけていこうと思います。

(Comments©SWLife!+Kira)

商品詳細

重さ 1.2 kg
商品タイプ

赤ワイン

ブドウ品種

マスカットベーリーA

アルコール度数

11.0度

現行VT(変更になる可能性があります)

2020

容量

750ml

味分類

味わい

じわ旨, 香ばしい, 鮮やか

飲用推奨温度

10-12℃

合う食材/料理

焼き鳥(タレ), 照焼きチキン, 筑前煮, 肉じゃが

飲み頃

すぐ美味(早めに飲みきって)

レビュー

レビューはまだありません。

“<都農ワイン>牧内 マスカットベーリーAエステート =Tsuno Wine= Makiuchi Muscat Bailey-A Estate” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




イチオシ商品

特定の商品カテゴリー