セール

<羽前白梅>穂の香純米酒(一升) =Uzen Shiraume= Honoka Junmai

¥2,716

燗上がりとはまさにこのこと!高温で肉に合わせる至福の王道純米

前の通り、米の旨味、香ばしい風味が一本通った
王道の純米酒です。特に羽前白梅シリーズのらしさが出た、しっかりと硬さも感じられ、燗が上がりするタイプです。普段はあまり温度を上げることをお勧めしませんが、白梅はだいぶ上げてこそ良さが出るので50度55度位で楽しむのも良いです。

豚の角煮や牛すじの煮込みといった肉の煮物、鶏の手羽先や唐揚げなどと召し上がるのがオススメです。

ちなみに全く個人ネタで申し訳ないのですが、息子がほのかと言う名前なので初めてこれを見たときにはとても驚きました。改めてご縁のあるお蔵だなぁと思ったものです。

(Comments©SWLife!+Kira)

 

生産者 羽根田酒造
生産地 山形県 鶴岡市
米品種 県産米

他商品詳細(トリセツ)は下記をご覧下さい。

在庫4個

商品コード: STL098 カテゴリー: , , ,

生産者情報

はまる人続出!知る人ぞ知る固旨酒を醸す小さな老舗蔵

 

山形県庄内地方にある最古、最小規模のお蔵です。かつては「東北の灘」と言われた鶴岡市の大山地区にあります。かつては数十の酒蔵があり、関連産業の工場もあって、活気があったそうですが、徐々に減り、現存する蔵は4蔵のみになりました。取材に伺った時は古い住宅街の真ん中に突然現れた酒蔵だったのでびっくりしました(確かに古いお蔵はこういうところが多いです)
建物の中、大きな古いかまどや巨大な梁などを見るとタイムスリップしたかのよう昔のままの姿の蔵です。

かつていち早く酒質を見直し、各地に手売に出向いた甲斐もあって蔵を建て直した父の修さん。バンドを組んでいた今時の若者で、蔵を継ぐのは後ろ向きでしたが、徐々に気持ちも変わり、近年杜氏に就いた息子の成矩さんを中心に少人数で仕込まれます。

大山地区の中でも微妙に水質が違うようで、この羽根田酒造だけは、やや硬度の高い水を使用、それが硬めで引き締まった辛口、燗あがりして熟成もきく骨太の酒と評判になり、どちらかというと、日本酒通に受けの良い銘柄です。ただしその辺りは息子の成矩さんが現代の新しい若者、飲み手にも受け入れられるような口当たりの酒もさらに造り出しています。

(Comments©Kira/SWLife!)

商品詳細

重さ 3.0 kg
商品タイプ

純米酒・特別純米

容量

1800ml(一升瓶)

味分類

味わい

じわ旨, 伸びキレ, 凝縮感

飲用推奨温度

50-55℃

合う食材/料理

唐揚げ, 豚角煮, 鴨肉

レビュー

レビューはまだありません。

“<羽前白梅>穂の香純米酒(一升) =Uzen Shiraume= Honoka Junmai” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




イチオシ商品

特定の商品カテゴリー