セール

<ベルンハルト コッホ>リースリング クーベーアー トロッケン=Bernhard Koch= Riesling Q.b.A. Trocken

¥1,798

これぞ欲しかった味!ドイツ王道の中辛リースリングは日本人醸造家の傑作

んのりフルーツの甘みを伴い、伸びやかな酸とのハーモニーで長く続く余韻。ドイツのリースリングの魅力に取りつかれると、他に取って代わるものはない事がよくわかります。
そんな王道の魅力をたっぷり詰め込み、さらに進化しているのがこの作品です。

その加点分は、アロマの引き出し方。ワインにする前に、果汁を絞りカスの皮に低温で漬け込む効果により、杏やリンゴなどの、強く鮮やかな香味がプラス。他のリースリングに出せない魅力をまとってこの値段は至ってお得!です。
このワインを手がける坂田千枝さんは、既に現地の評価を不動としつつあります。女性醸造家のワインには何か、惹きつける魅力がある事が多いですが、その良い例です。多くの品種を手がける同ワイナリーでも、ドイツの代名詞、この看板作品があってこそ、品種ごとの色付けも出来るのでしょう。
生産者 ベルンハルト コッホ
生産地 ドイツ ファルツ
品種 リースリング Riesling

他商品詳細(トリセツ)は下記をご覧下さい。

在庫1個

商品コード: WGB230 カテゴリー: , ,

生産者情報

日本人女性の活躍で地域トップの評価!「誰が飲んでも美味しい」をあらゆる品種でみごとに表現

コッホ家は1600年代からワイン造りをしている!という家系をルーツに持ちます。ただ、ワイナリー同名のベルンハルトさんが1980年に引き継いだ頃にはわずか3haの極小規模生産。輸出はおろか、周囲に販売して終わりという程度の生産量でした。

徐々に規模が拡大していく中で、ケラーマイスターに抜擢されたのは、なんと兵庫出身の坂田千枝さん。ブルゴーニュのピノが好きという彼女は、スタイルもブルゴーニュを標榜。2009年頃から取り組み始め、数年で評価が上がり、近年では各誌高評価の常連となっています。華やかで、まろやか、でも旨味がのった千枝さんのスタイルは、日本でもファンが急増中です。

同ワイナリーもう一つの魅力は多品種栽培と醸造。シャルドネからカベルネ、メルロまで、フランスのワイナリーか?と思うほどのラインナップの飲み比べが出来、リースリングとピノしかないドイツのワイナリーが多数派の中、異彩を放ちます。
しっとり、柔らかさ、華やかさ、鮮やかさなど、多彩な味わいを品種ごとに確かめるのも面白い生産者です。

 

(Comments©SWLife!+Kira)

商品詳細

重さ 1.2 kg
商品タイプ

白ワイン

ブドウ品種

リースリング Riesling

アルコール度数

12.0度

容量

750ml

味分類

味わい

フレッシュ, 華やか, 鮮やか

合う食材/料理

天ぷら, 白カビチーズ, 豚しゃぶ

飲用推奨温度

8-10℃

レビュー

レビューはまだありません。

“<ベルンハルト コッホ>リースリング クーベーアー トロッケン=Bernhard Koch= Riesling Q.b.A. Trocken” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




イチオシ商品

特定の商品カテゴリー