<池雲>純米吟醸 祝(一升) =Ikekumo= Jummai Ginjo Iwai of Kyoto

¥3,300

京都府内限定米を使用した、究極の京都地酒!

う少し大きい京都市内の酒蔵含めいくつかで使われている、京都府限定のコメ、祝のお酒です。どの蔵も、ほっこり、はんなり、まろやかな酒に仕上がる様です。
口当たりは艶やかで優しくクセがなく、細やかでまろやか。クドすぎない旨味がつるりとした舌触りと共に広がります。そしてコンパクトにまとまった中であと口にじんわりと酒らしさが残ります。冷やすならごく軽く、冷や常温がお勧めです。海に近い蔵なので魚介との相性は蔵でも薦めています。個人的には芋類、豆類、根菜などうまみのある野菜と共に召し上がっていただきたいお酒です。 (Comments©SWLife!+Kira)
 

 

生産者 池田酒造
生産地 京都府 舞鶴市
品種

他商品詳細(トリセツ)は下記をご覧下さい。

在庫1個

商品コード: SAL111 カテゴリー: , ,

生産者情報

実直、小さな蔵だから細やかな旨み。店長が自信を持ってオススメする故郷の蔵!

明治12年に創業、京都の北部舞鶴市にある、市内に唯一現存する小さな酒蔵です。 銘柄もそれほど多くは造らず数種類。コメを活かす酒造りを標榜する為、吟醸、大吟醸も含めて純米酒のみを仕込みます。 地元のエコファーマー認定の農家が作るコメ、祝の使用等、米の酒に対するこだわりと地域密着も志しています。 関西圏では見かけることもたまにあるお酒のようですが、関東ではほとんど見かける事はありません。 「この蔵独自の仕込み方は?」「特別なこだわりは?」と聞かれるたび蔵元は「特に何も。どこの蔵でもやっている当たり前のことの積み重ね。その一つ一つで出るわずかな違いが、最後には大きな酒の違いになります。」と答えるそうです。愚直なほどの直球勝負が滲み出る、素直な酒質です。   実は私、店長京都府舞鶴市出身で、地元の酒蔵でありながらつい最近まで存在すら知りませんでした。 まずは自分の地元の地酒を伝えることから、日本酒の魅力を伝える。自分への戒めも含め、味も確かめた上でこの滋味深く、他にありそうでないタイプのお酒を、当店では取り扱い続けることに決めました。   (Comments©SWLife!+Kira)

商品詳細

重さ 3.0 kg
商品タイプ

純米吟醸

酒米/使用米

容量

750ml

味分類

味わい

じわ旨, すっきり, 細やか

飲用推奨温度

14-16℃, 10-12℃

合う食材/料理

キッシュ, ホタテの刺身, 焼き魚, 白身魚の昆布〆, 筑前煮

飲み頃

すぐ美味(早めに飲みきって)

レビュー

レビューはまだありません。

“<池雲>純米吟醸 祝(一升) =Ikekumo= Jummai Ginjo Iwai of Kyoto” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




イチオシ商品

特定の商品カテゴリー