『もったいないから』始まったなぜ儲からない酒屋を続けるのか ~SWL!誕生秘話~

いきなりですが、当店は”ボージョレヌーヴォー”も”新政、爾今”も売りません。

はじめまして、SakeWineLife! 店長の吉良です。
コロナ禍ただ中の2021年春に開業しました。
酒屋は、やった事がある人ならお分かりでしょうが、儲かる業種ではありません。

日本最大の百貨店本店のソムリエを経験
そこで触れた、知られてないけど素晴らしいワインの数々
こちらの方が美味しい、味わい豊か、そして安い
そんな存在を多く知れた自分は幸いでした。
しかしほとんどの人は知らないまま
なんともったいない事か。今でも日々思います

いつしか知られざる、ほかのプロも薦めないような(知らないような)
隠れワインばかりおススメに挙げ、すっかり「マニアックソムリエ」のイメージがつきました

ワインの話ばかりしてきましたが、キャリア途中から勉強し、今ではワインと全く同等の愛を注いでいる日本酒も、10年勉強後、大手有名店2つで修行し、今は知られざる蔵ばかりと取引頂いてます。
知ってる銘柄しか飲まない「日本酒好き」はワインよりも多いので、実はワイン以上に燃えます。

取り合いが起きるような有名銘柄じゃ、そりゃ扱えば売れるでしょうが、使命と逆行しますし、それ売るなら、酒屋より儲かること探します。

知られてないのは銘柄だけでなく飲み方も、と痛感しています。
例えばシャンパーニュをキンキンに冷やして細いグラスで飲む、という最強の都市伝説。
え、違うの?そうですよね、誰も指摘してくれませんものね。
美味しく飲むための知恵の拡散。その為に小規模イベントもやってます。

難しく、高く、独り占めする神の雫ワインや日本酒から

楽しく、安く、そして賢く楽しむサケ、ワインへ

目指すのは世界一POPな酒屋
いくつもの造り手さんの情熱、工夫、忍耐を知っている自分としては
命続く限り、儲からなくとも、酒屋を続けるしかないようです。

乱文に関わらず、最後までご高覧ありがとうございました。