セール

<マルセル ダイス >スプリング =Marcel Deiss= Spring

¥3,998

じわじわと開いてくるミュスカのチャーミングさが健気!開くとすごい究極のアルザス辛口

ルザスワインの難しいところとして言われるのが、「甘くて豪華か、辛くてそっけないかの二択しかない」と言う所。甘いのは嫌だと言う方には、アルザスの複雑な、そして豊かな旨味を感じていただけないのが残念なところです。

しかしこのワイン辛口でありながら、なかなかに複雑。徐々に個性、魅力を一つ一つとまた見せていく健気な一本。飲むほどに虜になって行きます。


開けたてはおとなしくバランスのとれたスレンダーな酒質ですが、時間とともにほんの少しずつ熟れた旨味がでてきて、しっとりとした質感。個人的にはカマンベールなどを白かびチーズに合わせたくなるような、細やかながら脂のった旨味が見て取れます。名前の通り春の息吹を感じるような白。春キャベツ、アスパラなどの春野菜、または上述の白かびチーズと合わせて上質で繊細な旨みを堪能してください。

(Comments©SWLife!+Kira)

 

生産者 マルセル ダイス
生産地 フランス アルザス
品種 ミュスカ・ダルザス、ミュスカ・オトネル

他商品詳細(トリセツ)は下記をご覧下さい。

在庫1個

商品コード: WFB288 カテゴリー: , ,

生産者情報

一本入魂!世界屈指の巨匠が贈る、飲めば分かるスゴ味ワイン群

地元では浮いても、世界で多いに評価を得たワイン生産者は多い。イタリアのアンジェロガヤ、カリフォルニアのロバートモンダヴィ、遡っては五大シャトーのムートンロートシルト。その中に間違いなく入るのが、 マルセルダイス。それまで、特級畑ばかり持て囃され、ワインには必ず単一の品種名が。そこに、 守りぬいてきた一級畑、そこに植わる混植のブドウを認めるようにと働きかけ、ワイン法を変えてしまった信念の人。

アルザスの土壌は、太古の地殻変動の影響で、世界的にも稀有な土壌構成で、まさに「ブラタモリ」で訪れて欲しいような地質学の宝のようなところだそうです。従来のアルザスワインの様に、品種単位のワインや特急畑の名前をつける商品は、確かに売りやすいかもしれませんが、どうしても画一化されてしまうもの。それがマルセルさんにとっては許せないようで、「もったいない!せっかくこの土地でワインを造っているのに」と言う信念、魂が彼をつき動かしたのでしょう。
それが混植混醸という、今でこそ見直されているものの、世界中でもレアになってしまった前時代の栽培方法をとります。
その分土地の個性を直球勝負で表現することができます。ワインラヴァーがマルセルダイスをアルザスワインの中で語らず「ダイスはダイス」と認識しているところはそのあたりでしょう。

「何かを良くしようと思ったら、それは愛によってのみ可能だ」「個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現することが、僕の人生です」。彼の言葉からもただのやる気や希望などという軽い言葉では片付けられない、文字通り一本入魂、命がけのワイン造りがにじみ出ていますね。当然その姿勢、結果の作品が世界中の飲み手の心もつき動かしているのでしょう。

(Comments©SWLife!+Kira)

商品詳細

重さ 1.2 kg
商品タイプ

白ワイン

ブドウ品種

ミュスカ Muscat

容量

750ml

味分類

味わい

じわ旨, 細やか, 鮮やか

飲用推奨温度

10-12℃

合う食材/料理

キッシュ, 天ぷら, 白カビチーズ

飲み頃

楽しい変化(開けてから待ちたい)

レビュー

レビューはまだありません。

“<マルセル ダイス >スプリング =Marcel Deiss= Spring” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




イチオシ商品

特定の商品カテゴリー