セール

“10%Off!”<媛一会>吟風 純米吟醸 火入原酒 (四合) =Hime Ichie= Ginpu Jummai Ginjo Hiire Genshu

¥1,584

ラベルの色そのまんま!爽やかな風を運ぶ北海道のコメの酒

風は北海道の酒蔵好適米で、流通量はまだ多くないですが、軽快でキレイなお酒ができるので、使う蔵が増え始めています。この媛一会シリーズでも、鮮やかなラベルの通り、春の草原を吹き抜ける風をイメージし、爽やかさ、伸び、透明感のあるお酒に仕上がっています。
すっきりとした爽酒と薫酒の間のようなお酒(この呼び方自体がややこしいので、好きでは無いのですが)ですので、いかにもな和食よりは、イタリアン、フレンチなどの洋食の方があいそうです。酒器も「うすはり」もいいですし、ワイングラスでも良いでしょう。
オリーブオイルとの相性も良さそうなので、特に同じ瀬戸内海、小豆島のオリーブオイルとの合わせてみるのも贅沢です。白身魚やタコのカルパッチョ、山菜やキノコのフリットなどがお勧めです。

(Comments©SWLife!+Kira)

 

生産者 武田酒造
生産地 愛媛県 西条市
品種 吟風

他商品詳細(トリセツ)は下記をご覧下さい。

在庫3個

商品コード: SSM123 カテゴリー: ,

生産者情報

知られてないけどすごい酒!丁寧な小仕込で飲み手の心をわしづかみにする10年目のブランド

家族経営の小さな蔵です。愛媛県のやや東部、西条市は、人気銘柄を産む酒蔵がひしめき、石鎚山系の清らかな水、四国瀬戸内と言うイメージからは意外なほど冷涼な冬、それらが数々の銘酒を産む秘密です。知人にこの蔵の熱心なファンの方がいらして、酒の会に参加し、私自身もすっかりはまりました。

武田昇三さんは蔵を永年支えたベテラン杜氏のもとで修行した後、蔵元杜氏として2013年から造りを統率。味わいも安定して、評価もこの数年で上がってきています。

 

その昇三さんが産み出した媛一会は、2010年に誕生したブランドで、全商品が手間のかかる小槽絞り、つまり一つ一つ丁寧に造られたクラフト酒です。皆艶やかでまろやか、雑味なく上品でいて、かつ内側から細かな主張が見てとれる逸品です。

 

(Comments©SWLife!+Kira)

商品詳細

重さ 1.2 kg
商品タイプ

純米吟醸

酒米/使用米

吟風

容量

720ml(4合瓶)

味分類

飲用推奨温度

10-12℃

合う食材/料理

カルパッチョ, きのこのフリット, ホタテの刺身

飲み頃

すぐ美味(早めに飲みきって)

レビュー

レビューはまだありません。

““10%Off!”<媛一会>吟風 純米吟醸 火入原酒 (四合) =Hime Ichie= Ginpu Jummai Ginjo Hiire Genshu” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




イチオシ商品

特定の商品カテゴリー