セール

“15%オフ”<葡蔵人>ベーリーA スパークリング =BookRoad= Muscat Bailey A Sparkling

¥2,618

華やかさまとった王道の泡!苦手な人の少ないベーリーA入門イチオシの一本

でこそ、美味しいものが増え、日本を代表する品種、そして日本ワインのアイデンティティと目される様になった品種。ただ、たった10年前は酸が強い、青い、土っぽい、薄いなど曲者が多く、日本ワインファンの間にさえ敬遠する人が多い存在でした。つまり、泡にしてもクセを抑えてバランスを保たないと、悲惨な結果になります。
BookRoad流のアレンジは、ラベルの通り「デザートまで、食事を通して楽しめる」というまさかのオールラウンダー!収穫したブドウの特性を把握しきっている同生産者だからこそのシンデレラワイン、泡という形を活かした始めて飲む人にも優しい味わい。キャッチーな見た目も手伝って、最初に飲むのにうってつけの一本です。
ここまで旨くなるのかと言うほど出来栄えは、ある意味この品種の限界突破ともいえます。この価格でこれはなしでしょと言うほどの驚愕のコストパフォーマンス。非の打ち所のない1本です。

 

生産者 BookRoad
生産地 東京都
品種 マスカットベーリーA

他商品詳細(トリセツ)は下記をご覧下さい。

在庫2個

生産者情報

POPで明るい正統派!

 

10年前では考えられなかった程、東京、横浜、大阪近郊に多くのワイナリーが乱立。トレンドの「都市型ワイナリーも戦国時代の様相です。そんな中でも、ちょっと他とは毛色が違って、派手な評判では無いものの、じわじわと支持を拡大しているのが葡蔵人=BookRoadという東京、御徒町近くのワイナリー。

名前からしてこれ、しかも徹底して「遊んでいる」ラベルと、、ポップでちょっとクセのありそうなワイナリーかと思われるでしょう。ある意味当たってます。気さくでフレンドリー、味わいも他とは一線画すピュアで滋味深く、どちらかと言えば軽やか。でも、実は真っ当な造りで、攻めた自然派でもなく、飲みにくいクセもほぼ無い。バランスとイージードリンカブルを念頭に、実に真っ当な味わいに仕上げている、とも言えます。なので、逆にとても薦めやすい、多くの方に。そう考えると実に当店らしい作品群です。

さて、この遊んでるラベルは、ワイナリースタッフが料理や食材との相性からイメージしたもの。飲む前の中身の判断やペアリングにとても良いヒントになり得ます。ま、フィーリングで選んで開けても決して失敗は無いので、これこそポップに楽しみましょう!

(Comments©SWLife!+Kira)

商品詳細

重さ 1.5 kg
商品タイプ

スパークリングワイン

ブドウ品種

マスカットベーリーA

アルコール度数

11.0度

現行VT(変更になる可能性があります)

2020

容量

750ml

味分類

味わい

細やか, 艶やか, 華やか

飲用推奨温度

10-12℃

合う食材/料理

カポナータ, カルパッチョ, フルーツサラダ, 生ハム

飲み頃

すぐ美味(早めに飲みきって)

レビュー

レビューはまだありません。

““15%オフ”<葡蔵人>ベーリーA スパークリング =BookRoad= Muscat Bailey A Sparkling” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




イチオシ商品

特定の商品カテゴリー